So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択
サーキット ブログトップ
前の5件 | -

ツナギ補修完了 [サーキット]

こんにちは!ムロちゃんです。

今日は一月ほど前にお願いしていた、ツナギの補修が完了したとの連絡を受けたので、引き取りに行ってきました(^_^)

僕のツナギはRSタイチ製。
2007年に買ったので、もう10年になるんですね(^_^;)

4年前の「もて耐」で転倒して、ところどころ穴が空いていたんですが、サーキットどころかバイクにも乗らない日々が続いていたので、ずっとほったらかしでした(^_^;)
去年からバイクに復帰し、サーキットに行く様になって、痛んでいた箇所に気付きましたが、去年は時間が無くてそのまま使っていました…

冬場のオフシーズンに補修をお願いして、今日の受け取りになりました(^-^)v

IMG_3627.JPG

オーダーサイズじゃ無く、吊るしでSサイズがあるのがRSタイチくらいだったので、特にこだわりは無くタイチ製です(^_^;)
ワッペンは追加で付けてもらっていますが、それ以外サイズ・カラー等は既製品です。
(このツナギが入る様、ダイエットは日々続行中です(^_^;))
10年使ってもバンクセンサーは買い換えた事がありません(笑)

IMG_3628.JPG

今回補修してもらったところ。
スリップダウンでうつ伏せで滑走したので、股間が破れていました(^_^;)
バイクに跨がれば見えなくなるものの、見っともないです(笑)

今の所レースに出る予定はありませんが、一応レース時の車検に引っかかるところは全て直してもらいました(^_^)

IMG_3629.JPG

ついでに、随分前からもらっていましたが付けていなかった(^_^;)、お世話になってるショップの「m-techワッペン」も肩口に付けてもらいました(^-^)v

これで今年もサーキットにガンガン行けますね!
膝すりの感覚はなかなか病みつきになります(笑)

先ずは今年の第1弾は、4月16日の「ブリヂストン走行会in袖ヶ浦」
多分125DUKEでの最後のサーキット。
きっちり走らせてあげましょう!(^_^)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

サーキットの現状 [サーキット]

こんにちは!ムロちゃんです。

昨日気をつけて無理をせず、今日に備えたはずだったんですが、結局風邪をこじらせてしまい、お休みを頂きました(T_T)

で、暇なんでこんな時間ですが、ブログUPです(^_^;)

ブログ友達のmiyapppさんが、サーキット独自の騒音規制に悩まれている様でしたので、ちょっとサーキットの現状を整理してみようかな?と…
(ちなみに僕はサーキットの「中の人」ではないので、憶測も多分に含まれていますが、そんなに大外れでも無いと思います…(^_^;)「中の人」が補足してくれると嬉しいなぁ(笑))

純正サイレンサー

サーキットの事を話す前に、日本の二輪(モータースポーツ)業界の現状も知っておく必要があると思います。

日本には二輪メーカーとして四大メーカーがあります。(言わずもがな「ホンダ」「ヤマハ」「スズキ」「カワサキ」ですね(^_^))
で、これらのメーカーの内、「二輪事業だけで『黒字』」のメーカーは「カワサキ」しかありません(!)
(カワサキ『黒字化』は結構なニュースでした(^_^;))
他のメーカーは「四輪」だったり「マリン」だったり、他の事業で相殺してもらって、企業全体としては成り立っている、というのが現状です(T_T)
各メーカーとも、経営陣も株主も「そうは言っても二輪やって欲しいよね。早く黒字にしてね」とお咎めなしで「許してもらっている」のが実態です。

ここに「カル◯ス・ゴ◯ン」みたいな、欧米の超合理主義な経営者がやってきたら「こんな赤字事業はすぐに撤退だ!」と言われても不思議じゃないです。
事実、例を挙げると欧州では「MVアグスタ」なんかは、ブランド名だけ転々とし、いわゆる「アゴスチーニ」が世界選手権を席巻した、「本家」はもういないですからね…。

日本の二輪業界の現状は大変危機的で、売り上げ台数も80年代始めの「バイクブーム」からすると、8割減(!)です。
最近は大型免許が教習所で比較的簡単に取れる様になり(これは「ハーレーとBMWの圧力のお陰」との噂ですが…)、団塊の世代の方々や、昔「バイクブーム」に乗っていた人達が、子供も巣立ち、経済的にも安定してきて、「リターンライダー」としてバイクを買ってくれているので、売り上げの下げ止まりが見えた、と業界は言っています。
しかし逆に言うと、そういう人達しか購入層はおらず、未来が明るいとは言えません…

で、そんな状況でサーキットなんですが、サーキットを経営・運営していて、「ヤベー、サーキット超儲かるわ〜(笑)」って感じで「左うちわ」な人っていると思います?
みんなギリギリだと思いますよ(^_^;)

「鈴鹿」や「もてぎ」なんかは半分ホンダの子会社みたいなモンですから、なんとか成り立っているのでしょう。
「菅生」もヤマハのお抱えサーキット、「富士」はトヨタですね。
「つくば」は「テイスト・オブ・ツクバ」や「筑波ツーリスト・トロフィー」なんかが、全日本選手権より盛り上がってる状況で、独自に頑張っている方だと思います。
その他の地方のミニサーキットは……想像に難くありません…(T_T)

そもそも、バイク・クルマが売れない時代。
その中で「スポーツバイク・スポーツカーを買って」「ツナギやら道具を揃えて」、「サーキットに行く!」という人がどれ程か?
絶対的に顧客層が少な過ぎます(^_^;)

そんな中、今でもサーキットを運営してくれているのは…
「モータースポーツが好きだから」と言った感じで、半ば「ボランティア」に近いんじゃないかと…
事実、「motoGP」クラスの大型イベントの時でさえ、コース脇のオフィシャルはほとんど「ボランティア」です…

そんな人達がサーキットを運営「してくれてる」状況で、近隣の方々から「うるさい!」だの「臭い!」だの文句を言われたら、サーキット側は「道交法がこうだから…」とか「車検通ってるから」と言っても、通用しないと思うんですね(^_^;)
サーキットに文句を言う「近隣の方々」にとっては、車検がどうとか全く関係無くて、「うるさいかどうか?」だけなんですよ。
「サーキット撤退要求!」とか「騒音出すな!」とか貼り紙されて、裁判なんかになったら「車検通ってるので…」なんて言っても、「うるさいから!」と言われてしまえば、今の世論ではサーキット側が勝つことはまず考えられません…

サーキット運営側としては、近隣の方々と上手く付き合いながらやっていくしか無いと思います。

なので、サーキット側も「いやいや」騒音規制を設けるしか無いんですね(T_T)
(運営側としたら、数少ない客を追い返す様なことは本来したくないはずです…)

その際の判断基準は、もはや感覚。
近隣の方々が「うるさい」と思うかどうか?だけなんです。
ホントは加速騒音に基準値を設けてやるのが一番なんですが、マフラーを作ってるアフターメーカーですら、正確に加速騒音を測定するのは難しい様でして…
JMCAの認定を取るにも、過去のデータや経験から「これは大丈夫だろう」と思って持って行き、それでもダメな場合がある位。

これを我々一般ユーザーが測定するのも、サーキット側が測定するのも至難の技で、そうするとサーキット側も測定し易い「近接騒音」を話に持ってくるしか無いんですね(^_^;)
しかし、実態は「測定値」なんて関係無く、「うるさいと思うかどうか?」ですから、「行ってみないと(走ってみないと)分からない」のが、本音でしょう。

ただ、ホントにそう言っちゃうと、「サーキットを使う側」からすると、基準が無いと困ります(^_^;)
車両によって、「近接騒音」が◯◯dBでも、加速騒音(と言うか、サーキットを走っている間に出してる騒音)は千差万別で、走ってみないと分からない…
「◯◯dB以下ならいいよ」と言われたサーキット利用者が、行ってみたら「走っちゃダメです」と言われたら、これはこれで「おめーが◯◯dB以下って言ったんじゃねーか!」と揉める原因になります(^_^;)

なので、サーキット運営側は、マージンを取って「純正同等」とか、数値を出すにしてもかなり厳しめの基準値を出して…(純正以下って無理ですもんね(^_^;))、色んな所に配慮した結果、「こう言うしか無い」といったところではないでしょうか?

事実、「近接騒音」がオーバーしてても、走ってみたらOKな所もあります。(袖ヶ浦とか)

まあ、サーキットを使う側も、「使わせてもらっている」という意識は持っていた方がいいのかもしれないですね。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

なんで自分はサーキットに抵抗がないのか? [サーキット]

こんにちは!ムロちゃんです。

このブログで何度も「サーキットの良さ」をアピールしてきましたが、そもそもなんで僕はサーキットに抵抗がないのか?
今まであまり意識してなかったのですが、自分にとってサーキットに行くことは自然過ぎて、他の人がなぜこんなにサーキットに抵抗があるのか?考えていませんでした。

んで、思い返してみたんですが、僕は「教習所を卒業して最初にバイクに乗ったのがサーキット」だったのです(笑)
そりゃ抵抗も無いですよね(^_^;)

そもそも僕は高校まではバイクに特に興味は無く、むしろゲームが好きだったので、高校3年の受験時は電気系・情報系の学科を志望していました。
そんな時、漫画「ああっ女神さまっ」を読んでバイクに目覚めてしまいました(^_^;)
時すでに遅し。入試願書は出した後。しかし心は機械系・工学系に向いています(笑)
結局(もともと成績は悪かったですが(^_^;))さっぱり勉強が手に付かず、浪人する事に…

でも、今思うとこの浪人した1年のお陰で、様々な縁が繋がって、自分で思っても恵まれたバイク人生を送れていると思います。

理系の大学は学費が高いので、一浪した以上、これ以上親に負担をかけさせないためにも、「大学は国公立のみ!」と誓い、人生で一番勉強した1年を過ごしました。
その甲斐あって、めでたく京都の某大学に入る事が出来ました(^-^)v

大学に入ると色んなクラブが新入生を勧誘しようと声をかけてきますが、自分は「バイクに乗りたい!」と思っていたので、バイク部を探しましたが勧誘の声はかかりませんでした…
自動車部が声をかけてきたので、「バイクじゃないけどしょうがないかー」と思っていたら、大学の入学書類一式の中の部活紹介の欄に小さく「モーターサイクルスポーツクラブ(M.C.S.C)」の文字が!!
部室を覗いてみようと足を運びますが、「ホントにこんな所に部室あるの?」と心配になる様な所に、ボロいプレハブの建物が…(^_^;)
意を決して扉を開けると…ディープな世界に入ってしまいました(笑)

ちなみにその時の部員構成は、新入生は僕一人。
前年は新入生が入らなかった様で2年生は不在。
3年生に「留年確定」な先輩が2人(^_^;)
4年生も同じく「留年確定」が…という、見事なダメ人間の集まりで、このままだと「廃部待った無し」のクラブでした(笑)

当然、まだ免許もない僕はバイクには乗れなかったのですが、先輩から「免許取ったらどんなバイクに乗りたい?」と聞かれて、「エンジンが見えるバイク」と答えてました(^_^;)
当時はまだ「ネイキッド」とか「レプリカ」なんて、バイク用語もろくに知らなかったのです(笑)
そんな僕に先輩は「そうかそうか」と言いながら、「免許取るまでにとりあえずこれ読んどけ」と渡されたのが、『バリバリ伝説』と『キリン』です。
この時、僕のバイクの方向性は決められた感じですね(^_^;)
免許を取る頃には、すっかり「レプリカ」にしか目が行かなくなっていました(笑)

めでたく7月頃に免許を取れましたが、そこは貧乏学生、自分のバイクを買うことは出来ません。
ただ部室には、何代か前のOBさんが寄贈して下さった部車として「NSR50」があり、それを使って毎年夏と冬に学二連(学生二輪連盟)が主催している「ミニバイク3時間耐久レース」に出場するのが部の恒例になっており、それに向けて、ボロボロのNSR50を直してるのか?壊してるのか?(笑)夜な夜な部室に集まって、ワイワイしながら準備をしていました。

バイクに火が入ったのはレース当日の朝、というドタバタの中、レンタカーで兵庫県の「猪名川サーキット」に向かいます。

01_集合写真.png

その時のピットの様子。
この頃は何もかもが楽しかったですね(^_^)
いい先輩達に恵まれました。

そしてレース本番。
何故かスタートライダーに任命され、教習所以外の初バイクはNSR50となりました(^_^;)
スタートは耐久レースなので「ルマン式」
…という事は、押しがけです…が、当然教習所で押しがけなんて習っていません。
結局僕がエンジンをかけた頃には、先頭集団は一周回ってました(笑)

02_初走行.png

そんなこんなで思いがけず「サーキットデビュー」
とりあえず走っているものの、どう走ったらいいか?なんて分かりません(^_^;)
しかし、教習所と違って未体験のスピードを体感し(と言っても大したスピードじゃないですが)、凄く楽しかったです(^_^)

何となく走っているものの、「そう言えばライダー交代のタイミングとか何も話して無いな」と思い、ホームストレートでピットを見てみると…
先輩達、ビール飲んでるし(^_^;)
という訳で、3時間1人で走りきりましたよ(笑)

そんなバイクデビューだったので、僕にとって「サーキットに行く」ことは、ごく自然になってしまいました(^_^;)

03_装備.png

当時の装備。
バイクも持って無いので、当然何も持ってません(^_^;)
ヘルメット・ツナギ・グローブ・ブーツ、全て借り物です(笑)

ホント、恵まれたバイク人生です(^_^)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2017走行会情報(HYOD) [サーキット]

こんにちは!ムロちゃんです。

まだまだあります(笑)走行会情報!
自分で書いてて、こんなにあるのね、と思っちゃいます(^_^;)
関東圏の情報が多いのは、僕が関東にいるからです…すいません…(^_^;)

今日ご紹介するのは、バイク用アパレルで有名な「HYOD」が主催する走行会、「HYOD RIDE ON」です!


HYODが走行会をやっているのは初めて知ったのですが、調べてみるとかなり人気のイベントのようで、募集を開始すると、すぐに予約が埋まっちゃうそうです!
去年は岡山でもやってたようですが、今年は筑波だけのようですね…

こちらも細かいレギュレーションはまだ発表されていませんが、去年と同じなら249cc以上しかダメなようです…(T_T)
写真を見る限り、HYODのツナギじゃなくてもいいみたいなんで、そこは安心ですね!(僕のツナギはタイチなんで…(笑))

こちらもそんなに人気なら、一度は行ってみたいところです(^_^)
ああ…125ccが恨めしくなってきた…(^_^;)

ちなみに、昨日ご紹介した「BATTLAX走行会」は、早速申し込みました(^-^)v
キャンセルは21日前まで出来るようなので、枠が埋まっちゃう前にさっさと予約しました(笑)

という訳で、今年の僕の「サーキット始め」は4月16日になりそうです(^_^)
今年もいっぱい走るぞ〜!

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2017走行会情報(ブリヂストン) [サーキット]

こんにちは!ムロちゃんです。

さあ、需要があるのか分かりませんが、今日も行きますよ(笑)
今日ご紹介するのは、タイヤメーカー「ブリヂストン」の走行会、「BATTLAX FUN & RIDE MEETING」です!


こちらは去年から気になっていまして、参加条件が「BATTLAXタイヤ装着車」だったので、次のタイヤはBSだな!と思っておりました(^_^)
何と言っても、17インチのフルスケールバイクなら、125ccもOK!なのが大きいです!
125DUKEはもちろん、CBR125R・YZF-R125もOK(^-^)v
なかなかこんな走行会ありません!

今年のスケジュールはいつ発表されるかなー?と期待していましたが、本日発表されてました!

そしたらなんと!他メーカータイヤ装着車でも参加可能になってるじゃないですか!?(別料金ですが、まあこれは、走らせてくれるだけありがたいです(^_^))
ぜひともスケジュールを合わせて行ってみたいですねー!

どっちにしろ、次のタイヤはBSにするつもりですが…(^_^;)

なかなか大手を振って125DUKEで参加出来る走行会はないので、ホントにありがたいですね!

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
前の5件 | - サーキット ブログトップ