So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択

新旧CBRのスペック比較の際の注意点 [CBR250RR]

こんにちは!ムロちゃんです。

新型CBR250RRの売り文句に「クラス最強スペック」というのがあります。

こういうスーパースポーツの宿命とも言えますが、よくスペックの数字だけを見て「凄い!」とか「ショボい!」とか、まだほとんどの人が乗ったこと無い(どころか、日本仕様は発表すらされていない…(^^;)にも関わらず、「数字」だけが一人歩きしている印象があります…

まあ、バイクの良し悪しはスペックだけじゃない事は皆さん言うまでも無い事でしょうし、そんなのほっとけばいいんですが、あまりにも「数字の一人歩き」が多く見られるので、ちょっと説明を…

よく聞く(見る)評価としては、「20年以上前のMC22(旧CBR250RR)は、馬力規制が入っても40psで重量も157kg。新型は馬力が下がって重くなってるなんて!なんてショボいんだ!」というヤツですが…

『でもそれは大きなミステイク』

新型はMC22より軽いです!(しかも圧倒的に!)

ホンダに限らず国内メーカーのカタログスペックの重量表記は、2009年頃を境に「『乾燥』重量」から「『整備or装備』重量」に変わっています。
(これに関して各メーカー共に正式なアナウンスは無く、かつ、同じメーカーでもモデル毎に表記の変更時期が違うため、非常に間違えやすいですが…)

『乾燥』重量とは、部品だけの重量の足し算。
その中に液体関係の重量は含まれていません。
具体的には、ガソリン空っぽ・エンジンオイル無し・ラジエター液無し・ブレーキフルード無し・バッテリー液無し・フォークオイル無し、です。
もちろん、こんな状態では走れません(^^;

ユーザーが実際に乗る時とあまりにもかけ離れた『乾燥』重量に意味はあるのか?
ということで、2009年頃を境に、上記液体関係も含めた『整備or装備』重量に表記が変わりました。
どのくらい違うかというと、車両毎にガソリンタンク容量・オイル量等違うため一概には言えませんが、概ね約+20kgが相場です。

とすると、MC22の重量は約177kg。
新型は約12kgも軽いです!!

馬力もMC22は40psで、新型は(インドネシア仕様ですが)38.7ps。その差は1.3ps。
はっきり言って、大量生産している工業製品の中では「誤差」の範囲です(笑)
さらに(当たり前ですが)MC22の最終モデルは2000年製。17年も前です。
今でも40psを出せるほどコンディションの良い車両があるかどうか…
(しかも車検も無い250なので、まともにメンテされた車両なんて極まれです(^^;)

馬力にほとんど差は無く12kgも軽い上に、車体構成や足回り等は16年分の進化をした車両…
スーパースポーツとしての性能は比べるまでも無く新型が上回っているでしょう。

ただMC22にも新型には無い魅力はあります。
なんと言っても4気筒。あの甲高い高回転サウンドは何物にも代え難い魅力です。
が、これは「スペック」では無いですよね?(^^;
やはり、バイクの良し悪しはスペックだけじゃ無いです。

で、こういう重量の話をすると必ず出てくるのが「2st最高!」(^^;
でも2stモデルも時期的に『乾燥』重量です。
2stの代名詞「NSR250R」の最終型「MC28」は、馬力は同じく規制がかかって40ps。重量は137kgです。
2stのオイル量は4stとかなり違うので、今の表記にするとどのくらいか難しいところですが、仮に+20kgとすると157kg。
新型CBRとの差は10kgもありません(^^;

こちらももちろん2stならではの魅力は当然あって、あの独特な吹け上がり感・パワーバンドに入った高揚感・エンブレの少ない減速感は大きな魅力です(^^)
でも、これも「スペック」では無いですよね(^^;
やはり、バイクの良し悪しはスペックだけじゃないです。

250SS比較.jpg


それでも「スペック大好き!」な方の為に、簡単に250SSのスペック表を作ってみましたが…
僕が新型CBRを選ぶ前は、当然これらの各機種は比較検討しました。

まず、大前提として125DUKEから乗り換える最大の理由は過去にも書いたように、「サーキット走行会の選択肢を増やす」です。
なので、250cc以上は必須。
かつ、僕は馬力にはそこまで頓着しておらず(気にはなりますが…(笑))、「重量・フレーム構成・足回り等、スポーツライディングに最適なバイクはどれか?」が判断基準でした。

250クラスのSSの火付け役、「NINJA250」は、これが無ければ今の250クラスの盛り上がりは無いと思うので、ありがたい存在だとは思いますが、エンジン・フレーム共、基本設計は「GPZ250(1983)」まで遡ります(^^;
もちろん1983年そのままでは無く、各部アップデートされていますが、やはり基本設計の古さは隠せません。

「YZF-R25」は「打倒NINJA250」を目標に、エンジン・フレーム共新設計されたモデルです。
しかし、R25とNINJA250とは売価はほぼ同じ。
NINJAが安いのは、基本設計が変わっていない故に、開発費もそれほどかかっていない上に、製造上の新しい投資も少なくて済んだからでしょう。
R25が新設計なのにほぼ同額なのは、どこかでコストダウンをしているからです。
各部で知恵を絞って努力されたんでしょうが、個人的に大きなポイントは「リンク機構無しリアサス」です。(R25はスイングアームにリアサス直付け)
(個人的には「ハンドリングのヤマハ」がハンドリングを捨てて「パワー勝負に行った」ことに驚きました…(^^;)
一般道(特にメインマーケットの東南アジア)では大きな問題にならないですが、レースをやってる方々からは、リンク無しで苦労している話をよく聞きます。
高速コーナーにセッティングを合わせると、バネレートを上げるしかなく、そうすると低速コーナーでサスが入らない…
リアサスのアップデートはお金をかければ出来ますが、スイングアームにリンクを持たせるのは容易ではありません…

新型CBRはエンジン・フレーム共に新設計。
フレーム骨格も大型SSに近いですし、倒立フォーク・アルミスイングアーム等、現在のスポーツライディングに必要な装備が一番揃っています。(その分高いけど…(^^;)
パンチのあるエンジンに、軽量・コンパクトな車体、そして見た目!
後だしジャンケンだからこそとも言えますが、現時点で一番魅力的に思ったのが新型CBRでした。
もし、125DUKEでバイクに復帰するのが一年遅く、その時新型CBR以上に魅力的なバイクがあったなら、そちらを選んだでしょうね(^^;
まさにタイミング。バイクは欲しいと思ったときに買う。
(特にスーパースポーツは)常に進化はしてるでしょうから、先の事を考えていたら、いつまで経っても買えません…(^^;

僕が新型CBRを選ぶ際に、最大の対抗馬だったのは「NINJA250SL」です。
なんと言っても「圧倒的に軽い!」下手すりゃ2stより軽い!
馬力も29psで十分だと思いますし、エンジンは「KLX250」の流用ですが、フレームは専用の新設計。
倒立フォークこそ無いですが、ここまで軽ければ倒立にするほど剛性が必要か?とも思うので、「あり」でした。
リアサスもリンク持ってますし。
さらに「安い!」(笑)

しかし、上記の機種は全て妻にも見せましたが、「デザインが気に入らない」という理由で「NINJA250SL」はボツ(笑)
でも、妻は当然「スペックの数字」なんて知りませんし、話しても理解もしません(^^;
単純に自分の直感で「これが一番カッコいい」と思ったのが、新型CBRだったのです。
数字では表せない「バイク本来の魅力」に一番近い判断をしたのは妻、とも言えます(^^;

長々書きましたが、言いたい事は「バイクの良し悪しはスペックだけでは無い」ことと、「それでも数字で話をするなら、『それがどんな状態での数字か?』把握する必要がある」という事です。
数字はホントに一人歩きしやすいですから…

バイクは見た目!全然いいじゃん!(笑) 

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
nice!(9)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

新型CBR250RRレースベース車 [CBR250RR]

こんにちは!ムロちゃんです。

週末は家のイベントでてんやわんやでしたが、大阪で行われていたモーターサイクルショーもチェックしておりました(^_^)

期待していた新型CBR250RRの国内向けの詳細なスペックや価格・発売日の発表はありませんでしたが、HRCから発売予定の「レースベース車」が発表になりましたね!
昨今の250クラスのレースの盛り上がりや、現行のCBR250R・グロムなどから、「レースベース車」が出る事はある程度予想済みでしたが…

発表されたコンセプトモデルがこちら!!

IMG_3617.JPG

カッコいい!!
見た瞬間思いました。

IMG_3618.JPG

このカラーリング、発売してくださいよ〜(^_^;)
めっちゃ好みです(笑)

実際のレースベース車は、黒か白の単色で、これはあくまで「HRCが作ったイメージ」カラーなんですけど…
このまま保安部品付けて売って欲しい(笑)
イカすわ〜。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
nice!(9)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

新型CBR250RR 大阪&東京モーターサイクルショーに出展!! [CBR250RR]

こんにちは!ムロちゃんです。

ついに!ついに!ついに!
近づいてきた感じですね〜!

ホンダの公式HPにて、大阪&東京モーターサイクルショーの出展内容が告知されていますが、その中に!新型CBRの姿もちゃんとあるじゃないですか!!


いよいよって感じですね(^_^)
写真も掲載されています!

IMG_3583.JPG

話題だった(?)ウインカーも、個人的には位置・形状共に問題ありません(^-^)v
写真の「レーシング・レッド」はインドネシア仕様だと、フレームは赤だったと思いますが、日本仕様は黒なんですね〜。
僕が買う予定の「ブラック・レッド」は何か違いがあるのか?楽しみです(^_^)

んで、写真をよーく見ると…
インドネシア仕様とタイヤが違いますね(^_^)

インドネシア仕様はIRCのRX-01(バイアス)だったと思いますが、これはダンロップのGPR-300(ラジアル)の様です(^_^)
タイヤなんて、僕はサッサと変えちゃうでしょうが(笑)、過去にもホンダはVTRの純正装着タイヤを「バイアス」から「ラジアル」に変えた際、サスペンションの特性を「ラジアルタイヤ用」に変更した実績があります。
今回も外見は変わらなくても、スプリングレート・オイル粘度をアジャストしている可能性は大いにあります(^_^)

何より、モーターサイクルショーに出展するという事は、日本仕様のスペックや価格・発売日の発表も近いでしょう!
(公式HPにも「発売予定機種」と書いてますし)

うーん。
いよいよカウントダウン!
楽しみだー(^_^)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

CBRの発表はいつ? [CBR250RR]

こんにちは!ムロちゃんです。

新型CBR250RRの発表を、今か今かと待っている日々ですが、いよいよ近づいてきたのか?
ネットの情報も慌しくなってきました(^_^;)

どこそこのドリーム店では予約を受け付けた、とか、色んな情報が錯綜しております。

こういう時、ネットの情報は、どれが本当か?信憑性の有る情報はどれか?
見極めるのが難しいですね(^_^;)

念のため、予約の予約を入れたお店に確認しましたが、まだホンダから正式なアナウンスは無い様です…

うーん。
待ち遠しいぞ!!(笑)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

ウィンカー論争 [CBR250RR]

こんにちは!ムロちゃんです。

新型CBR250RRの大きなトピックの一つに、ポジションランプ兼用のウィンカーがありますね。

IMG_3399.JPG

先に発売されたインドネシア仕様では、写真の様な感じでポジションランプがウィンカーとして点滅することになっています。
で、これが日本の道交法には適合しないので、別体のウィンカーがカウルの側面に付けられる、との噂になっています。
これを巡って「インドネシア仕様のまま出して!」とか「ダサいウィンカー付けるな!」とか、ネットの一部では話題になっています。

これはあくまで、「新型CBR250RRを本気で買う予定の一ユーザー」としての個人的な考えですが…
もし、ホンダがインドネシア仕様のままのウィンカーで発売したとしても、自分なら別体のウィンカーを付けるでしょうね(^_^;)
そもそもウィンカーが何の為にあるか?考えれば、僕ならそう思います。

自分が1人で右左折や進路変更するだけなら、ウィンカーなんて不要なんですよ。(お巡りさんに怒られる事を除けば(笑))
ウィンカーって自分以外の周囲に「これから自分はこっちに進路変更しますよー」って伝えるモノなんですから、あんなポジションランプがチカチカ光っても、自分が車のドライバーなら、パッとミラーを見ただけだと「とりあえずバイクが近づいて来て、ウィンカーらしき物が光ってるけど、右か左かどっちが光ってるか分からん!」と思うはずです(^_^;)
もしかしたら、「ウィンカー」だという事すら分かってもらえず、「パッシングされてる!」と思うかもしれません…
相手がややこしいお兄さんだったりしたら、「ワレ何パッシングくれとんねん!コラァ!」って事にもなりかねません(^_^;)

保安部品が付いてないレーサーバイクでサーキットを走るにしても、ピットイン・ピットアウトの合図や何かしらのトラブルでスロー走行を強いられる時には、周囲にわかる様サインを出すのがルールです。
それは他ならぬ自分の安全の為。
道交法がこうだから、じゃ無くて、自分の為にも、サイドにウィンカーは付けますね。

まあ、「付けるならカッコいいヤツを付けてくれ」なら分かりますけどね(笑)

…ところで、ウィンカーで騒いでる方々は本当に新型CBR買うんですかね(^_^;)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
nice!(10)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク