So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択

学級閉鎖ならぬ… [その他]

こんにちは!ムロちゃんです。

さて、我が家は今、3人揃って体調不良です…(^^;

娘が週末から熱を出し、ようやく収まってきたところですが、まだ鼻水・咳が苦しそう…
看護にあたっていた妻も昨日ダウンして、急きょ会社を休ませてもらい、僕が家の事を少し手伝いました。

今日は妻も回復気味だったので通常通り出社しましたが、帰ってきたら再び妻が体調不良でダウンしておりました…(^^;

IMG_4668.JPG

とりあえず帰りに薬局で風邪薬を買って帰りましたが、明日以降どうなることやら…
最近は風邪薬も、「咳・喉用」「鼻用」「熱用」なんかがありますが、逆に風邪の症状全般に効く薬を探すのにちょっと苦労してしまいましたよ…(^^;

そして、今度は僕がちょっと怪しい感じに…(T_T)
学校なら学級閉鎖でしょうが、「家庭閉鎖なんで休みまーす」とは言えないしなぁ…(^^;

まずは早めに寝て、ゆっくりします…



nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

RIP Nicky [サーキット]

たくさんの感動をありがとう…

IMG_4654.JPG

IMG_4655.JPG

IMG_4656.JPG

IMG_4657.JPG

RIP #69



nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

新型CBR250RRメディア発表試乗会 [CBR250RR]

こんにちは!ムロちゃんです。

新型CBR250RRのメディア向け発表・試乗会が行われたようですね(^^)
BOTOBASICさんがその様子をYouTubeにアップしてくれています!




プレゼンの様子。




試乗の様子。

やはり、以前予想したように、日本向けはタイヤが変わっただけでなく、サスペンションの設定も変わっているようですね(^^)
わざわざ日本向けを設定したということは、東南アジアの荒れた路面用にセッティングされたサスペンションではなく、日本の舗装に合わせたセッティングをしてくるだろうと予想していましたが、その通りになったようです。

相変わらず納期の連絡はありませんが(^^;、納車された方のインプレッションなんかもチラホラ見られるようになってきましたし、ますます楽しみになってきました(^^v

まだかな~(^^;



nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

キノコ… [その他]

こんにちは!ムロちゃんです。

相変わらず、125DUKEの修理もCBR250RRの納期も連絡がありません(^^;
バイク乗りたいなぁ…


昨日庭の手入れ・水やりをしていたら…

IMG_4647.JPG

キノコが…(^^;
そんなに湿気たまってるのかな?

IMG_4648.JPG

結構立派に育ってました(^^;

調べてみると、「シバフダケ」という、芝に生えてくる名前そのままなキノコのようですが…
手入れをサボると発生しやすいらしいですけど、植えたばっかりだしな~。

とりあえず、もうちょっと気をつけて手入れしようと思います(^^;



nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

RC45のご紹介 [RVF/RC45]

こんにちは!ムロちゃんです。

手元にバイクが無いので日常ネタで繋いでいますがそろそろ限界(笑)
という訳で、ブログ開設当初に「愛車紹介」で触れたっきりのメインマシン「RVF/RC45」について少しご紹介しようと思います(^^)
PCのフォルダから引っ張り出した、昔の写真ですけどね(^^;

04RC45右サイド.jpg

改めてご紹介。「RVF/RC45」です。
1994年にスーパーバイクのホモロゲ用としてホンダが登場させたマシン。
当時500台限定。(実際には最初からレーサーとして作った、公道用の認可を受けていない車両や海外向け車両、また1995年も極少数ですが生産したらしいのでもうちょっとあるそうですが…)

その「RVF/RC45」をベースにフルカスタマイズされた車両です。
僕がこいつを所有するようになったのが2008年のGW辺りですから、もう9年以上か…
意外と自分のバイク歴で一番長く所有しているマシンになりますね(^^)
まあ、これからも墓まで持っていくつもりですが(笑)

このマシンは僕が乗ることになった時からすでにほぼこの状態で、ここまで仕上げたのは前オーナーと主治医の大将です。
前オーナーと大将(お二人は幼馴染だそうで)がこのマシンを手に入れた時は、豪華なパーツは付いているものの「ただ付けただけ」という感じで、マシンや各パーツの本来のポテンシャルを発揮出来る状態ではなかったため、「あれもこれも」と直していくうちにこんな状態になってしまったとか…(^^;
まあ、お二人がこのマシンを作っていく過程は、当時学生だった僕が大将のお店に入り浸っていたので、一部始終見ていましたが(笑)

前オーナーは機械加工の職人さんでもあったので、大将がご自身の「マン島レース」や「8耐」での経験を活かし図面を書き、オーナー自らが削り出す、といった感じでワンオフパーツもふんだんに盛り込まれています。

長い年月をかけて作成し、いよいよ完成!さあ乗るぞ!!
という所で、前オーナーが諸事情により手放さなくてはならなくなったのですが、前オーナーも大将も手塩にかけて作り上げたこのマシン、「どこの誰だか分からんヤツに乗って欲しくない」とのことで、まさかの僕への「逆指名」(^^;
こんなに素晴らしい仕上がりを見せるスペシャルなマシンを前に、お二人がかけてきた時間・情熱(・お金(^^;)を間近で見てきて、「お前乗ってくれ」と言われたら、断れるはずもありません(^^;
もちろん対価(僕にとっては超高額です(^^;)は払いましたが、前オーナーと大将がこのマシンに費やしてきた事を考えると、バーゲンプライスもいいところでしたね。

こんなスペシャルマシンに文句の付ける所などある訳も無く、基本的に受け取った状態のまま乗っていますが、実際に乗るとやはり自分のライディングスタイルに合わせる為に、細々とセッティングレベルでの小変更は加えてはいます。
また、如何に名車「RVF/RC45」と言えど、発売から20年以上が経った立派な「旧車」ですので、各部に経年劣化は現れます。
そういった所を車検の機会等でメンテついでに変更を加えたりはしています。

今現在手元に無いのは、正に経年劣化による不具合を直すため、「どうせだったら」ということで、自分の「理想のRC45」にするための手術を待っているところです。
これが大掛かり過ぎて時間が掛かっていますが…(^^;

さて、マシンの詳細の事をちょっとだけご紹介します。(…というのも内容が盛り沢山過ぎて僕自身把握しきれていません(^^;)

IMG_4624.JPG

まず目を引くのがカラーリングだと思いますが、これは「ルマン24耐」を走った「NR750」がモチーフになっています。
「RC45」と言えば「耐久レース」。ホンダの耐久レーサー最高峰とも言えるのが、この「NR750」ですので、イメージとしてはピッタリだと思います(^^)
また、この「トリコロールカラー」はホンダの伝統的なレーサーイメージカラーですので、そういった意味でも「RC45」に違和感はありません。
にも関わらず、「RC45」には採用されていないため、唯一無二の存在感があって僕自身も大変気に入っています(^^v
このカラーをチョイスした前オーナーと大将のセンスには脱帽ですね(^^)

03RC45右フロント.jpg

外装はドライカーボンのレース用カウルに、保安部品が付けられるよう細工をしています。

05RC45右後ろ.jpg

06RC45左後ろ.jpg

排気系は左右2本出しのアクラポビッチ。
排気熱でナンバーが焦げるのはご愛嬌(笑)

07RC45左サイド.jpg

前後サスはオーリンズ。
スイングアームはHRCキットのロングアームで、リアサス・リンク周りも専用のものです。
ホイールは前後HRCマグホイール。
RC45の純正はフロント16インチですが、17インチ化しています。
これらの変更に合わせて、ステム周りはワンオフパーツで再構築し、車体ディメンションの見直しをしています。
とても素直なハンドリングで乗りやすいです(^^v
(しかしベースになるセッティングが無いので、自分好みのハンドリングにするのに、サスセッティングにはかなり労力を使いました…(^^;)

08RC45左前.jpg

ブレーキはマスター・キャリパー共にブレンボ・レーシング。
クラッチもブレンボですね。
効きはもちろん、コントロール性も抜群で、文句の付けようがありません(^^)
ただ、まめなメンテが欠かせませんが…(^^;

その他、ハンドルはタキオン、ステップはバトルファクトリー。
シングルシートカウルと合わせて、ポジションもばっちり!
意外とロングツーリングも平気です(笑)
ただ、ツーリングするには、バイクもライダーも「熱との闘い」が厳しいです(^^;

その他、サブコンによる燃調セッティングも行っています。
「RC45」はFI車なのですが、バイクがFI化されたかなり初期のバイクなので、現在出回っているサブコンが合わず、かなり苦労しましたが、大将がなんとかしてくれました(^^;

09RC45サスOH.jpg

10RC45サスOH.jpg

フロントのオーリンズは、以前(2011年)インナーチューブに錆が出てしまったので、全バラOH・再メッキの際に、アウター・ボトムも再アルマイトでカラーチェンジしており、現在はオーリンズの面影はありません(笑)
もともとオーリンズの金色が強すぎると思っていたので、個人的にはこのイメチェンで足元が引き締まって、かなり気に入っています(^^v

などなど、あらゆる所に手が入ったどえらいマシンですが、やっぱり何と言っても「V4エンジン」の独特の「音」と「トルク感」が魅力ですね(^^)
現在の最先端のマシンには、スペック等ではとてもかないませんが、他には無い魅力がたくさんで、いつ乗っても、何度乗っても、最高の気分で乗ることが出来るマシンです!
トラブルでよく入院するとか、乗るのに色んな意味で気を使うとか(^^;、渋滞にはまるとすぐにオーバーヒートするとか(笑)、何かと手のかかるバイクですが、そんなことは乗った瞬間に全て吹っ飛ばす魅力があります(^^)

とりあえず今回はこんな所でしょうかね?
手元に戻ってきたら、変更箇所と合わせてまたじっくりご紹介しようと思います。

あー、書いてたら乗りたくなってきた(笑)



nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク