So-net無料ブログ作成
So-net無料ブログ作成

思い出の品 [バイク]

こんにちは!ムロちゃんです。

通勤のわずかな時間とはいえ、バイクはやっぱりいいですね!(^^v
そのまま奥多摩に行きたい衝動に駆られましたよ(笑)

さて、少し前に会社の先輩から、娘の「出産祝い」として、先輩のお子さん達が使っていた滑り台をいただきました。

IMG_4341.JPG

最初は娘も興味を示しませんでしたが、最近はよちよち登ってみたり遊ぶようになってきて、ちょっと成長を感じるところです(^^)

しかし、先輩のお子さん達はすっかり使わなくなったから、と言うことでご好意でいただきましたが、いざ他人の手に渡るとなって、お子さん(特に長女の娘さん)が強く反発したそうです…
使わなくなったとは言え、お子さん達にとっては色んな思い出が詰まったものだったんでしょうね。
実際、所々に張ってあるシールなんか見ると、自分の近くにあって当然だった物が無くなるとなると、何か思うところもあったのだろうと思います。

今はお子さん達は「LEGO」に夢中、ということなので、お礼としてプレゼントをお返しすることにしました。

IMG_4674.JPG

喜んでくれるといいんですが…


この一連の出来事でお返しを考えているとき、年齢を重ねるうちに、こういった「物を大事にする」といった気持ちが希薄になってしまっていないか?
改めて考えてしまいました。

テレビなんかで「昔は物をもっと大事にしていた」なんて言われるより、こうやって子供からハッと気付かされることのほうが、強く感じますね(^^;

そうやって自分の周りを見直してみると、自分はやっぱり「バイク」には、並々ならぬ思い入れがありますね(^^)
今所有しているバイクはもちろん、手放してしまった過去のバイク達にもそれぞれ思い出があり、改めて「バイク」も「バイクに乗ること」も大事にしようと思いました。

最近は特に車なんかは、「動く家電」といった感じで、特に思い入れの無い人にとっては、「安い・燃費がいい・壊れない」なら何でもいい、という人も多い感じがしますし、都市部では「カーシェアリング」なんかが流行っていて、必要な時にだけあればいい、という人が増えているらしいですが…

僕らみたいな「趣味としての乗り物」として、車やバイクに触れ合うと、人それぞれ色んな付き合い方があるでしょうが、大なり小なり愛着がわきますよね(^^)
だからこそ「愛車」という言葉があるのだと思います。

僕の所有している「RC45」は、先日書いた経緯で乗ることになりましたが、僕自身の思い入れはもちろん、前オーナーや大将から受け取った「バトン」だと思っているので、大事に、でもちゃんと使ってあげようと思っています(^^)

「125DUKE」ももうすぐ手放す予定ですが、大して乗ってあげられなかったので、手放すまではしっかり乗ってやろうと思いますし、次の貰い手もちゃんとしたところで扱ってくれるようなので、下取り価格うんぬん関係なく、ちゃんとした状態で渡してあげたいと思っています。

過去のバイクも、所有期間の長いもの・短いもの、色々ありますが、どれも思い入れのあるバイクばかりです。

次にもうすぐ来る(…はずの(^^;)、「CBR250RR」とも色んな思い出を作れたら、と思います(^^v



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0